整骨院とは

bitmap02-1600x500

関節痛や肩こり、腰痛などの体の痛みが発生したとき、どこにかかれば良いのでしょうか。
このように聞かれて一般に思い浮かべるのは、接骨院・整骨院や整体院、カイロプラクティック、整形外科などでしょう。

では、上記の接骨院、整骨院、カイロプラクティック、整体院、整形外科などには、それぞれ何か違いはあるのでしょうか。あるとしたら、どのような違いがあるのかも気になるところです。

実際、上記の院は、それぞれ全く異なります。そもそもの成り立ちも違いますし、適応症状も異なるので、症状によってどこにかかるかも検討しないといけません。

接骨院の先生の資格は「柔道整復師」という国家資格です。
厚生労働大臣認可の専門学校や大学で専門知識を身につけ、卒業時に財団法人柔道整復研修試験財団が行う国家試験の受験資格が与えられます。
すなわち、学校を出るだけではダメで国家試験に合格しないと柔道整復師を名乗る事はできませんし、患者さんに施術を行うこともできません。

現在では専門学校も全国各地にでき、資格取得者も増えてきています。
国家試験の合格率は全国で70%台と、狭き門となっております。

この柔道整復師の業務内容とは?

柔道整復師には開業権が与えられております。
他にも整形外科のリハビリやスポーツ施設、介護施設等で活躍している人もたくさんいます。
柔道整復師は骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷の治療のエキスパートです。

当院によく接骨院と整骨院はどう違うの?と質問がきます。
答えは「どちらも同じ」で、いわゆる骨を接ぐと書いて「ほねつぎ」の接骨院。
柔道整復の「整」の字をとっての整骨院があるわけです。
どちらも「柔道整復師」が施術を行っております。

接骨院は「柔道整復師」が施術を行うところです。
では、整体院は?
実は、整体にははっきりした資格がありません。
ですので、当然保険が使えませんし、治療内容に制限はありません。



業務内容としては矯正やマッサージを行っているようですが、専門知識を持っていない人が施術を行っている所もあります。
痛みの有るところをただひたすら揉んだり、歪みがあるからと言って、無理矢理骨を鳴らしたりと、カイロプラクティックまがいの事をする所もあります。
ですので、整体で体を傷めたという方も当院には多数来院されます。
なかには凄く腕のいい方もいますが、あくまでも通院される際には自己責任で通うように。
出典:http://www.nakano-b-s.com/bs.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加